雑誌撮影 :「キネマ旬報8月上旬号」

公開日: : 最終更新日:2016/10/15 最近の撮影事例

13718753_1043844229035940_7516702498049145058_n

6月の終わりの日。
渋谷の片隅で、いま最も映画界から注目されている俳優、菅田将暉さんを撮影させてもらった。昨日発売した「キネマ旬報8月上旬号」の表紙用として。

撮影から数日後。
編集者の方から、メールが届いた。

「表紙は跳んでいる写真になりました。」

頭の中で、無数のビックリマークが
何度も弾けてパニクった。

マジで!?
まさか!?
あの写真が表紙に選ばれるなんて、
1mmも想像していなかった。

撮影当日。
幾つかの写真を撮り終えた後、
最後にジャンプをしてもらおうと、
僕は密かに企んでいた。

予定調和では無い奇跡の一枚を
撮りたかったからだ。

予想では、自然な笑顔の写真をイメージしていた。今までの経験上、人間は誰でもジャンプをすると、なぜか笑顔になってしまう生き物なのだ。

撮影時間、残り2分。
「菅田くん、最後にジャンプしてもらってもいいかな?」
「ジャンプですか?キネマ旬報って、普段そんな写真撮ってましたっけ?」
「いや、普段とは違う写真が撮りたいので、いいかな?」

一瞬不穏な空気が、名もなき渋谷の路上に流れた。それでも「わかりました。」と快諾して、
菅田くんはその場でジャンプをしてくれた。

ウルトラマンが飛び立つように、
曇り空へ真っ直ぐ両手を伸ばして。

「あっ、ごめん、え~と、そういうジャンプじゃなくて、もっと動きのあるポーズで跳んでもらえるかな?」

「あ~、そうですよね~、
ただ、ちょっと今、腰を痛めてしまっていて、健康管理ができていなくて、すみません。」

「なるほど。それじゃあ~、申し訳ないんだけど、無理のない範囲でいいので、手に動きをつけて、最後にもう1回だけジャンプしてもらうことできますかね?」

「わかりました。」

撮影時間、残り30秒。
これが最後のワンチャンス。

右手の人差し指に全ての神経を集中して、
僕はカメラを構え、シャッターを押した。

撮影時間が終了した。

正直、「菅田将暉」という人間を
撮れた実感があまり無かった。

危うさと真っ直ぐさが交差する、彼の視線の先には、簡単には撮らせてくれない心の壁のようなものを感じた。

カメラマンとして、これ以上ないほどの
魅力的な被写体を撮らせてもらったのに。

大事な試合でPKを外してしまったような
そんな気分だった。

でも試合に負けた気もしない。
勝った気もしない。
捕らえどころのない感覚。

そんな状況で撮影した、幾つかの写真から
選ばれた、この表紙の一枚。

あの日の最後に撮った写真。
イメージしていたジャンプの形とも違う、
自然な笑顔でもない、特に絵になる
背景でもないこの写真。

不思議だ。
こうして表紙になった雑誌を手にすると、
なんだか良く分からないけど、凄くいい。

何かが引っかかる。
強い生命力を感じる。

捕らえどころのない写真。
捕らえどころのない俳優。

なるほど。

それこそが、今の「菅田将暉」
そのものなのかもしれない。

※特別企画
「スクリーンで逢いたい若手俳優」
記事も読み応え充分で、映画好きなら間違いのない至高の一冊ですよ!

表紙以外にも、たくさん写真が使われていますので、良かったら是非本屋で手にとってくださいね(^ー^)ノ

関連記事

前撮り撮影 : キラキラ光る二人を残す in 房総♪

10月中旬。キラキラ光る水面、晴れ渡る青空、心地のいい海風。 房総半島にある海辺のホテルで

記事を読む

葬儀撮影 : 永六輔さんお別れ会

放送作家、作詞家などとして活躍された永六輔さんのお別れの会が8月30日、青山葬儀所で営まれ、

記事を読む

店舗撮影 : 本格タイ古式マッサージ店

今日の出張撮影先は、健康的な本格タイ古式マッサージ店。 店舗撮影&スタッフ紹介撮影をさせて

記事を読む

商品&人物撮影 : 世界唯一の松葉杖!スマートクラッチ

NHKでも紹介された革命的な松葉杖、「スマートクラッチ」の商品&人物撮影をさせていただきまし

記事を読む

ホームページ用撮影 : 三笠屋・中沢酒店

東京都練馬区で約40年、酒屋を営んでいる中沢酒店のホームページ用の撮影をさせていただきました

記事を読む

写真撮影研修 : 株式会社ヤナセ様 

今日は株式会社ヤナセさんの写真撮影研修の講師をさせていただきました。 約1か月前。

記事を読む

「プロが撮る!年賀状撮影会2017」 開催 10.30 (日) 参加者募集中

皆さんこんにちは〜、篠部です。(^ー^)ノ 10月30日(日)に、都内の公園で「〜プロが撮る!

記事を読む

出張撮影研修 : 撮影とは、ひと味違った喜び

人に教えるのって、思っていたより面白い。 撮影とは、別次元の喜びだ。  

記事を読む

web用撮影:女子高生社長

9月中旬。 恵比寿のスタジオで、「FROM CATE」ホームページ用の撮影をさせていただき

記事を読む

家族撮影会 in 東京代々木公園

  「10/28(日) 家族撮影会 in 東京」 皆さんのおかげで、東京の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • フォトグラファー
    篠部雅貴 シノベ マサタカ

    ■1975年 栃木県足利市生まれ /川崎市在住
    ■1997年 オーストラリアをバイクで一周
    ■2000年 商業撮影専門のスタジオに勤務
    ■2003年 東京にて個展 SLOW WALK 開催
    ■2014年 独立。シノベ写真事務所設立
    東京中心に、旅を愛する出張カメラマンとして奮闘中!

    ホームページはこちら↓

PAGE TOP ↑